沿革

HOME > 会社情報 > 沿革

長谷川機械製作所は、1928年の創業以来、旋盤やマシニングセンタなどを製造している精密工作機械メーカです。
『小物部品の加工には小型機を用いるほうが好ましい』という設計思想のもと、現在では最新鋭の小型NC旋盤やフライス盤などを多数開発しています。

長谷川機械製作所の沿革

年月日 詳細
1928年(昭和3年)5月 長谷川渉により豊島区巣鴨にて個人創業。 『4尺米式旋盤』を製造
1934年(昭和9年)12月 豊島区池袋に工場新設。『28吋米式旋盤』を製造
1941年(昭和16年)5月 陸軍航空本部監督工場の指定を受け、『万能フライス盤』を製造
1945年(昭和20年)4月 空襲により池袋工場を閉鎖
1951年(昭和26年)7月 板橋区熊野町に工場新設し、工作機械の製造を再開。
工作機械メーカとしての体制を築く
1959年(昭和34年)3月 光学業界などに向けた増産体制を図るため、大宮工場(現本社)を新設
1961年(昭和36年)4月 株式会社長谷川機械製作所を設立し、長谷川晃が社長に就任
1961年(昭和36年)6月 独創的な新機構による立横複合の高速精密フライス盤『HPF型』を発表
1963年(昭和38年)10月 精密旋盤『WHN型』の量産を開始
1963年(昭和38年)10月 旋回式高速ねじ切り盤『HL型』を発表
1973年(昭和48年)8月 福島県西郷村に白河工場を新設
1976年(昭和51年)2月 大宮工場に本社を移転
1978年(昭和53年)10月 NC旋盤の量産に着手し、精密NC旋盤『HNC-35』を発表
1980年(昭和55年)10月 精密マシニングセンタ『HMC-V1』を発表
1985年(昭和60年)4月 長谷川勇が社長に就任
1990年(平成2年)7月 白河工場内に新組立工場を建設
1994年(平成6年)1月 旋盤技術の基礎を忠実に再現した、精密NC旋盤『J24』を発表
1995年(平成7年)5月 長谷川透が社長に就任
2000年(平成12年)10月 新コンセプトの超小型NC旋盤『P15』をJIMTOFにて発表
2005年(平成17年)10月 中部地区の販売整備のため、愛知県刈谷市に名古屋営業所を開設
2010年(平成22年)6月 超小型ミーリングセンタ PM150/250を発表
2012年(平成24年)3月 中国現地法人 長谷川精密床机有限公司を設立(2015年6月より長机(上海)商貿有限公司が継承)
2015年(平成27年)10月 メカトロテックジャパン2015にて 小型精密CNCタレット旋盤C25/42を発表
2017年(平成29年)7月 中国現地法人 浙江長谷川机床有限公司を設立
PAGE TOP

株式会社 長谷川機械製作所 HOME SITE MAP Chinese English