電動化 「ネジ」-ウォームシャフトネジ切り専用機開発-

HOME > 機械作りへの取り組みと新技術

ウォームシャフトネジ切り専用機JSシリーズの開発- (特許出願中)

CNCネジ切り加工専用機 JS-2W

ワーリング加工(中通し旋回ねじ切り方式)でのウォームシャフトネジ切り専用機は 1995年にJS-1シリーズを発売し、国内外のユーザー様に高い評価を頂いています。 近年の、自動車の電動化需要等の高まりに応えるため、長年蓄積した技術を用いて、 最大ワーク外径 φ35 mm 加工長350㎜に対応したJS-2Wを新規開発致しました。 これにより、自動車のパワーステアリング等に用いられるウォームシャフトの加工も 対応可能となりました。

 

既存(JS-1W)のワーリングホルダは、特注の台形チップを使用していましたが、 JS-2Wの場合、スローアウェイチップ60°3面仕様を採用し、刃具のランニングコスト低減及び 外段取り(多刃の芯出し)が容易に行えるようになりました。(刃具交換時間の短縮)

 

JS-2W動作イメージ(JIMTOF2018)

ワ―リング加工について


PAGE TOP

株式会社 長谷川機械製作所 HOME SITE MAP Chinese English